スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ニットのジグザグ縫い

以前から家庭用ミシンでニットを縫うとき、ジグザグ縫いを布端にかけるのと本縫いの近くにかけるのとどちらがいいのか気になっていました。
Rick Rackさんは本縫い寄り、Wildberryさんは布端ですよね。
polka dropsさんのブログの最新記事で、家庭用ミシンでニットを縫うことがとりあげられています。
本縫い近くの方が伸びが軽減されるのですね。
Rick Rackさんは 初心者でも家庭用ミシンでもニットが上手に縫えるように というコンセプトのレシピなので本縫い寄りを推奨されているのかなと自分なりに納得しました。
それに伸びやすい裾や袖口。
Tシャツやタートルってそれ自体は難しいものではないのに、最後の裾・袖口始末が結構難関だったりします。
polkaさんのブログを読んで今度ジグザグで試してみようかなと思いました。
でも表にひびくのがちょっと気になる・・・。

polkaさんのブログ、興味深いお話ばかりで毎回更新が楽しみです☆

12:06 | ソノタ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ありがとうございました☆ | top | シェルポーチ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://amatt.blog26.fc2.com/tb.php/69-60e7eb76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。