スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

なにもしてあげられないのかな・・・

不快に思われる方がいらっしゃるかもしれないのでおりたたんでおきます。
言葉足らずなところがあるかもしれません。
重い話です。
ちょっと長いです。
昨日ひさしぶりに近くに住むお友達に会いました。
1ヶ月入院していたご主人が10日ほど前に退院し自宅休養していたのでしばらく連絡を控えていたのです。
ひさしぶり~!と声をかけたものの彼女の顔つきがなんだかおかしい。
目に力がありません。
退院してからもカロリー計算など食事の管理が必要な病気。
入院中からの疲れが出ているのかな、と思ったら。
彼女の口から出た言葉は。
私もうダメかもしれない・・・。
ご主人から暴力を受けているというのです。
彼女をののしる言葉の暴力、物を投げる、行動を制限するなど。
そして彼女のひじにはサポーターが。
入院中大部屋に移って面と向かって彼女にあたれなくなったご主人が彼女の腕を雑巾絞りのようにひねったのだそう。
ご主人は車を運転するのが好きな人なのでリハビリと称してちょこちょこ外出はしているのだそうですが、それ以外は彼女もムスコさんもほとんど外に出ることを許されず、このときはたまたまご主人の用事で郵便局に行くところだったのです。
本当は今すぐにでもそのまま家を出たいけれど、子どもを置いていくことはできないと。
夏休みに入ったムスコさん(長女と同じ年です)を片時も自分の傍から離さないというのです。
病気が原因で不安定になっているのだから自分さえ我慢すればと思ってきたけれど、いまが子どもにとって良い状態とは思えなくて・・・。
それに(暴力は)これが初めてじゃないの。
そう話す彼女の目から涙があふれてきました。
そして彼女は暴力の証拠を集めていると言いました。
いまのままでは裁判になったとき無職の自分は親権をとれないかもしれないから、と。
聞いていて私も涙があふれてきました。
好きで結婚した人に傷つけられそして争う覚悟をしている。
と同時に。
何かあったらいつでもすぐに連絡して。うちに駆け込んでもいいから。
そんな言葉をかけることしかできず見送った自分の無力さを痛感しました。
家庭内という閉鎖された場所で起きていること。
私になにができるのだろう・・・。

11:22 | つぶやき | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ワイヤーかご | top | プーさんのハニー食パン

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さん | 2007/07/29 11:33 | URL [編集] | page top↑
#
コメントありがとう。
メールしました~。
あまっとさん | 2007/07/31 07:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://amatt.blog26.fc2.com/tb.php/197-c364ca85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。