スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ソーイングの基本

なんてことを言いつつ。
先日PUIKENさんのセットを買ってしまいました。
そういえば布買いルール(ルールについてはこちら)。
しばらく布を買わず布買い権だけどんどんたまってなんだかよくわからなくなってしまったので、しばらくお休みすることにしました。
そのことを記事にしていませんでしたね。
すみません(汗)。
布買いの自粛には一定の効果があったとは思いますが、そういうときに限って作りたいものは小物ばかり。
あまり在庫は減りませんでした(泣)。
やっぱり根本的に買わない姿勢が必要なようです。
2行目の文章と思いっきり矛盾していますけど(笑)。

図書館でクライムキさんのソーイングという本を借りました。
基礎本の中でも評判の高いこの本。
私は洋裁を習ったことがないので、基本的なことがわからずあたふたすることも多くて。
一応初心者用の本は持っているのですが、ごく一般的なことにさらっとふれているだけなので、もう少し実用的なことが知りたいなと思うことも。
たとえば最近のギモンはジグザグ縫いの縫い終わりって???ということ(←すみません、レベルが低くて)。
本などを見ると布端の処理をジグザグ縫いでした場合、返し縫いなどはせずそのまま糸を切っているよう。
縫い合わせて縫い代の端が隠れてしまうときはそれでもいいのですが、ニットで最後にリブ付けなどをした場合、縫い代がむき出しなので洗濯をしているうちにほつれてきてしまって(家庭用ミシンでニットを縫う場合、です)。
返し縫いをしようにもテンションの高い生地や薄手の生地では難しいことも多いし。
そんな私のギモンにこの本は答えてくれました。

縫い目0で5針縫うと止め縫いになる

なるほど~。
そのままの縫い目で往復しようとすると(返し縫い)うまくいかなくても縫い目0ならできるかも。
あ、みなさんご存知でしたね。
ちなみにもうひとつ目からうろこだったこと。
アイロンペーパーはクッキングシートで代用できるということ。
くっつきにくく熱に強く・・・考えてみればもっともです。
接着芯を大きめに切って接着した後裁断することが多く、アイロン台にのりが残ってイヤだな~と思っていたんです。
なんでもっと早く気がつかなかったのかな。
やっぱり。
基本は大切ですね。
かなりレベルが低いことを告白してしまった・・・
11:52 | ソノタ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ニットのカーディガン | top | 2月は・・・

comments

#
縫い目0でとめ縫い!
・・知らなかった~~
いちいち結んだりしていたよ。
私も読んだほうがよさそう(笑)

・・ミシン周りのハギレの山に、ちょっとボーゼンとした私。
ニットも多いけど、布帛もけっこうなもので、こりゃ~一丁気合いれていかねば!!
在庫減らしにはやっぱ大人物かなぁ~
あまっとさんはPUIKINさんゲットしたんだね!
激戦だったんじゃ??
私は先日、カラードロップさんの新着をこらえるのが大変でした・・
こぎくさん | 2007/02/13 14:17 | URL [編集] | page top↑
#
私も結んでました~。
でもそのひと手間が面倒で。
今回縫ったカーディガンで早速“縫い目0”やってみました^^

在庫を一気に減らすには・・・やっぱり大人物でしょう!
でも大人物が縫えるほどの大きさはハギレとは言えないんじゃ???といちおうツッコミ入れておきます(笑)。
でも布を見ても何も思い浮かばないときもあるし。
これを作ろう!って思うときに限ってちょうどいい布がなかったり。
在庫減らしもなかなか思うようにはいかないですよね。

私もカラードロップさんポチッとやってしまいそうでした。
カラードロップさんではついついたくさんカートに入れてしまうので、なるべく見ないようにしています^^;
PUIKENさん、こんなに激戦のお店とは知らなかったんです。
今回あまりのカートの重さにびっくり。
今日か明日には届きそうです。
楽しみ~^^♪
このわくわく感も布買いがやめられない理由のひとつかも。
あまっと→こぎくさんさん | 2007/02/15 10:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://amatt.blog26.fc2.com/tb.php/158-8c023170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。